髙松エステートは、髙松建設グループの一員で、賃貸マンション管理・不動産仲介・一括借上事業を行う不動産の総合コンサルタント会社です

給湯器・電気温水器における凍結予防対策について

 
 
現在、世界的な半導体不足やコロナ禍による製造体制縮小により、全国的に品不足となっており、修理・交換までにお時間を頂戴する場合がございます。
ご入居者の皆様に安心してご利用いただくために、凍結による機器故障を防ぐ対策をご案内させていただきます。
  
給湯器凍結
 
【凍結防止対策】
・帰省や旅行などで長期間不在にする場合でお電気温水器・給湯器のコンセントを抜かない、ブレーカーを落とさない
※凍結防止機能が働かなくなり凍結の原因になります
 
・事前に寒波が予測される場合は、水を少量(約400㏄/1分間)出し続ける
 ※夜間の間(但し、電気・水道料金がかかってしまいます)
 
・給水管の凍結予防策としてタオルなどを事前に巻いておく、など
 

※万が一、凍結してしまったら気温があがり溶けるまでお待ちいただくか、温めたタオルなどかけて溶かすようにしてください。